キャンプ用品を最安値で!アメリカAmazonの購入方法を解説

たび

こんにちは~Tabinchi(@Tabinchi1)です。

何かにどっぷりとハマってしまうことを「沼」と表現することがありますが、まさにキャンプやアウトドアにハマってしまったら最後、底なし沼に足を突っ込んでしまったも同然です。私もまさにその状態で、次から次へと欲しいギアが増えるばかり。。だからこそ、アウトドア用品を少しでも安くゲットするために私は個人輸入という手段をよく使うのですが、個人輸入に慣れていない人からすると不安なことが多いのも事実。

なので今回は個人輸入始めてという方でも比較的簡単にできる「アメリカAmazon」の登録方法や購入方法を解説していきたいと思います!

 

キャンプ用品をアメリカAmazonで購入

我が家ではテントを始め、キャンプ系ギアや服、食品など様々な物を個人輸入しています。今では世界中どこのお店でも大体日本に発送可能で色々なサイトを利用しますが、キャンプ用品を買うときにアメリカAmazonを利用することも多いです。

最近ではキャンプに必須ともいえるスリーピングマットをようやくゲットしました。メーカーは「EcoTek」と「KLYMIT」をチョイス。こんな時期だし到着まで結構時間かかるかな~と予想していましたが注文してから1週間かからないくらいで届きました。届いたものも問題ないので一安心です。

この2つのレビューは実際に使用したらまた書くとして。アメリカAmazonを利用したことがないという方向けに登録方法を説明していきましょう!

アメリカAmazonの登録方法

日本のAmazonでの買い物はほとんどの方が経験があると思いますが、アメリカのAmazonで買い物する場合も日本のAmazonで買う時と手順は同じ。しかし日本のAmazonアカウントはアメリカAmazonでは使用できないので、新しく登録する必要があります。ここでは登録方法など詳しく解説していきたいと思います。

英語で進めていく感じなので、ちょっとドキドキするとは思いますが、下記の手順通り進めて行けば意外と簡単に登録できちゃいます!

アメリカAmazonアカウント作成

アメリカAmazonのアカウントを作る場合、Amazonアプリを使用すれば簡単!Amazonアプリを使っていない方はダウンロードしましょう。Amazonアプリを持ってるよという方はそちらでOK。

アプリを起動するとこんな画面になるので赤い線で囲っている部分をタップ。

「設定」をタップ

「国と言語」をタップ

「アメリカ」の所にチェックを入れる

アメリカ版では言語の選択に日本語はないので、英語を選択すると、下記のような画面になります。これでアメリカAmazonに切り替わりました。

次はアメリカAmazonのアカウントを作成していきます。
「Createaccount」をタップ

・名前(ローマ字で)
・電話番号(+81を付けて0を消す)またはメールアドレスを入力。電話番号例+819012341234
好きなパスワード(ローマ字と数字を組み合わせたもの)

必要な情報を入力したら「Continue」をタップ

登録した番号もしくは、メールアドレスに認証番号が届くので入力して

「Create your Amazon account」をタップしてアメリカAmazonのアカウント作成は完了。

住所を登録

買い物を始める前に届けてもらう住所を登録しておく必要があります。個人輸入で一番難しいところがこの住所入力だと思うので、詳しくわかりやすく説明していきます!

まずはアメリカAmazonのトップ画面から「≡」の部分をタップ

「Your Account」をタップ

「Your Addresses」をタップ

下記のような感じで名前や住所などの必要事項を埋めていきます。一番上にある国を選択する場所では必ず「Japan」を選択してください。(United Statesになっちゃています、ごめんなさい)

「Street address or P.O Box」には町名と番地を入力。
「Apt ,Suite,Unit,Building(optional)」にはマンション名などの建物名と部屋番号を入力。部屋番号の最初に#を付けておきましょう。
「City」には市区町村を入力。
「State/Province/Region」
には都道府県を入力。
「ZipCode」は郵便番号を入力。
「Phone number」
は電話番号を、+81を選択し最初の0を抜いて入力。

今回は、東京都旅区旅町1-2-3タビヒルズ102号室に住んでいる、たび(姓)んち(名)という設定で例を書いています。

電話番号まで入力すると下記のような項目が出てくるので、必要に応じて入力しましょう。その際英語で書かなくてはならないので、英語が不安な人は翻訳ツールを使えば問題ないと思います!

「Add address」をタップで住所登録は完了です。(買い物できるところまではあと少し!)

クレジットカード情報を登録

アメリカのAmazonで買い物するにはクレジットカードが必要になってきます。JCBやVisa、masterなど様々なカードが利用可能。デビッドカードも使えます。

まずは「≡」をタップ

「Your Account」をタップ

「Your Payments」をタップ

「Add a payment method 」をタップ


そしたら下のような画面になるので、「Scan your card」をタップ

するとカメラモードに切り替わるので、カメラでカード情報をスキャンするだけで読み取ってくれます。この時にカード番号が間違っている場合もあるので必ずチェックして下さい。

「Use this address」をタップ

「OK」をタップしてアメリカAmazonの登録作業は完了です!

あとは欲しい物を探すだけ!

買い物する方法は、カテゴリーから探すか検索ですが、私は主にブランドやメーカー名などを入れて検索しています。

例:「EcoTek」「Klymit」など、アメリカ発の会社の名前を入れてみると色々出てきます。

日本語で利用するには?

残念ながらAmazonアプリを使用する場合は日本語を選択することはできません。どうしても日本語がいい!という方はPCのグーグルブラウザから「Amazon.com」と検索して右上にある翻訳機能を使えば日本語にすることも可能です。

アメリカAmazonのアカウントを作るところまで出来てしまえば、英語レベルが中学校以下の私でも英語のまま買い物できているので、そんなに心配はいらないと思います!

アメリカAmazonで買い物するときの注意点

アメリカAmazonで買い物する場合に気を付けておきたいポイントを紹介します。

送料と関税について

アメリカAmazonから個人輸入する場合、送料は必ずかかると思っておいた方がいいです。また、個人輸入では代金が16666円を超えると関税がかかってきます。例外でレザー製品など16666円以下でも関税がかかる製品もあるので注意しましょう。キャンプ用品は大体通常の関税になると考えておけば大丈夫です。

では、KlymitとEcoTekのスリーピングマットを買った時のを例に見てみましょう。

・商品代金:約17439円(157.40ドル)
・送料:約3435円(31.01ドル)
(1ドル110.8円で計算)

最後の方の「Import Fees Deposit」となっている部分が気になった方もいると思いますが、これが要は関税の部分になります。

個人輸入をする場合、関税は配達時に支払うのが普通です。しかしアメリカAmazonでは大体の関税を計算し商品代金と一緒に支払う形をとっています。

そしてもし先払いした関税よりも本来払う関税が少なく済んだ時は、Amazon.comから支払いで利用したクレジットカードへ差額分が返金されます。

また、注文時に支払った関税よりも本来の関税が多くなってしまった場合には、Amazon.comが負担してくれるので、会計時の金額以上にお金がかかることはないのも安心です。

ほぼキャッシュレスで生活している身としては、配達時に現金を用意しとかなくてはならないわずらわしさから解放されるので、めちゃくちゃありがたいサービスです。

サイズについて

海外での買い物で困るポイントとして、長さや重さの単位が違うということがあります。特にアメリカはヤード・ポンド法を採用しているので、慣れないと結構ややこしいんですよね。

簡単にアメリカで使われている単位を紹介しておきます。

・インチ(in):1インチ、2.54cm
・ポンド(pound/lb):453.59g
・オンス(ounce/oz.)28.35g

キャンプ用品を通販するにあたっては、この3つを覚えておけばOK。
しかしなんでこんなめんどくさい単位を使うのか。。さっさとやめて欲しいのが本音です。

場合によっては高くなることも

今回例としてEcoTekとKlymitのスリーピングマットにしていますが、送料やら関税やら含めて2つで23870円となっています。

日本のAmazonで同じものを買うとなると、現在の価格で2つで30319円。関税などを支払っても6449円も安く買うことができました!

30インチのワイドタイプスリーピングマット

キャンプ用品であればこんな感じで大幅に安くなるものがほとんど。1個の物で16666円を超えてしまう場合は仕方ないですが、複数買う場合には少々面倒ですが注文を2回に分けるなどすると、関税分お得になることもあります。

でもその分送料がどうなるかは商品次第だったりするので、安さにこだわるならそこも計算してどっちが安いか比べてみましょう。

日本に配送してくれない商品もある

キャンプのお供の定番ともいえるサーマレストのSリーピングマットですが、現在日本への配送は行ってくれないようです。

このサーマレストのマットをカートに入れて会計まで進もうとすると画面には、「君の住んでいる地域には配送してないよ」的な文章が表示されます。

これも時期によってだったりする物もあるようなので、気になるものは随時チェックしてみてもいいかもしれません。

キャンプ用品を賢くお得にゲットしよう

アメリカAmazonの登録方法から、気を付けてほしいポイントなど詳しく解説してみました!こうやって記事で見るとなんかめんどくさそう。。と思うかもしれないですが、案外やってみると簡単だし、登録もそんなに時間はかかりません。

ちょっとの手間でキャンプ用品がこんなにも安く買えるんだということが伝われば嬉しいです。個人輸入してみたいけど不安、という方は比較的とっつきやすいアメリカAmazonから始めてみるのがおすすめ!

アメリカはキャンプの本場ともいえるので、キャンプ用品の品ぞろえも半端じゃないです。そして見たこともないような珍しいメーカーに出会えるのもおもしろいところ。是非チャレンジしてキャンプ用品を安くゲットしましょう!

コメント

  1. […] 意外と簡単!アメリカAmazonの購入方法を解説 […]

  2. […] 意外と簡単!アメリカAmazonの購入方法を解説 […]

タイトルとURLをコピーしました