本当に安全なの?誰もが気になるCBDの副作用や安全性について

おうち

大麻から抽出することのできるCBD。これは大麻に100以上含まれているカンナビノイドの一種で、医療目的、主に難治性てんかんに効果があるともいわれています。徐々に日本でも広まってきてはいますが、使ったことがあるのはまだまだ少数派。

大麻から出来ている成分だし、本当に安心できるものなのか半信半疑な人も多いはず。今回はそんな不安を解消するために、CBDの安全性や自分で使ってみた感想などを書いていきたいと思います!

CBDの安全性は世界的にも認められている!

CBDの安全性はWHO(世界保健機関)の研究でも、依存性もなくてんかん不眠症など様々な症状に効果が期待できるサプリメントだという報告もあるくらい、安全で世界的にも注目されている成分です。アメリカではシャーロットちゃんという難治性てんかんを持った女の子がCBDオイルを摂取したところ、劇的に効果が表れ回復したという。2013年には「weed」というドキュメンタリー番組も放送されました。

CNNで放送されたドキュメンタリー「weed」

このドキュメンタリーは2013年にアメリカのCNNで放送され、注目を浴びました。てんかんの中でも最も重症ともいわれるドラべ症候群の女の子、シャーロットちゃんの話をメインに、医療用途での大麻の可能性を伝える内容でした。

大麻には重度のてんかんであるドラべ症候群だけでなく、癌や様々な疾患の症状を和らげる可能性を秘めているようです。

CBDがブームになっているとはいえ、まだまだ日本では偏見の多い大麻ですが、この番組ではてんかんだけでなく、医療から見放された患者たちが最終手段として、大麻を選択し結果いい方向に向かっているという印象を受けました。

CBDの効果(私が感じている効果)

CBDには様々な効果に期待されていますが、私が実感した効果がこちら。

  • 寝起きの良さ
  • 風邪症状の緩和
  • 筋肉痛の緩和
  • PMS(月経前症候群)

私はこれらの効果だけでも、CBDを持っているという安心感はかなりあると思います。

致死量は?摂取量はどのくらいが適している?

さて、気になる致死量ですが、超高濃度の1500mg含有されているものを常用したとしても過剰摂取になる事はないと言われているので、致死量はないと言えるでしょう。

また、標準的な推奨摂取量は個人差がありますが、一日100mgまでが適切な摂取量ともいわれています。CBDオイルだったら最初は1滴から始めてみるのがおすすめ!

cbdmaniabanner2

 

副作用が全く起こらないわけではない

どんな薬であっても使い方を間違えたり、その時の体調によっては副作用が出ることもありますよね。それと同じようにCBDがいくら安全性の高いものとはいえ、必要以上に摂取したりすれば副作用が出る可能性だってあります。

CBDの摂取により起こると言われている副作用

  • 吐き気
  • 口の渇き
  • めまい
  • 眠気
  • パーキンソン患者の震えが強くなる
  • 血友病の方は注意

これらのほとんどはかなり稀に起こるようですが、摂取のし過ぎがほとんどだと思います。しかし、パーキンソン病患者や血友病患者の方が使用する際には医師と相談するか、使用を控えた方が無難だと思います。

眠気って副作用なの?という疑問もありますが、CBDを摂った際には強い眠気を起こすこともあるようなので、運転などはやめておきましょうね。ちなみに私は副作用のような不快感を感じたことはありません。

さいごに

この記事で大麻の可能性を少しでもわかっていただけたら嬉しいです。医療大麻を合法化している国ではCBDもTHCもどちらも活用しているようで、日本でも医療大麻が合法化されるのは時間の問題なのかな?そのためにも、いい部分も悪い部分も知ることが必要です。

もちろん、現在の日本の法律ではTHCは所持していると罰せられるので、CBDをうまく取り入れて快適な生活を手に入れましょう!

cbdmania-banner

コメント

  1. […] CBDの安全性や効果などについて知りたい方はコチラ […]

  2. […] CBDの安全性や効果などについて知りたい方はコチラ […]

  3. […] CBDの安全性や効果などについて知りたい方はコチラ […]

  4. […] CBDの安全性や効果などについて知りたい方はコチラ […]

タイトルとURLをコピーしました