快適!進化したマウンテンハードウェアのダウンが最高すぎる

ウェア

こんにちは~Tabinchi(@Tabinchi1)です。

冬のアウトドアに欠かせない装備ともいえるダウンジャケット。暖かくて動きやすくて快適、それでいて見た目もおしゃれなダウンを探し求めて早何年。。

ついに見つけてしまいました!!!!

今回は最近買ったばかりのマウンテンハードウェアのダウン、スーパーDSクライムフーディーが予想以上に良かったので、機能面やおすすめポイント、実際に着てみた感じをレビューしていきたいと思います。

マウンテンハードウェアって?

私たちは、全てのアウトドアアスリートが、よりアクティブにアウトドアライフを楽しむためのパフォーマンスアパレルやイクイップメントを創造します。
参考:マウンテンハードウェア公式サイト

まずイクイップメントとは何ぞやという感じですが、要はギアの事ですね。マウンテンハードウェアは1993年に設立と歴史はまだ浅いですが、最新のテクノロジーを使用した機能性が非常に高いプロダクトを多く生み出している、山で闘うガチ勢向けのアウトドアブランドです。

クライマーを始めハイカーなどガチ勢向けではありますが、タウンユースできる物も充実しているので、キャンパーやアウトドアの遊びはしないけどアウトドアウェアは好き!という方にもおすすめ。

マウンテンハードウェア・スーパーDSクライムフーディー

今回マウンテンハードウェアデビューを果たしたウェアはスーパーDSクライムフーディーというダウンジャケット。

動きやすさやポケット部分がクライミング時に使用するハーネスに対応しているなど、クライマー向けではありますが、クライミングをやらない私みたいな人間が街で着ても浮かない素敵なダウンジャケットです。

日中家で仕事しているときなど、暖房費節約でこのダウンを着ていますが、着心地が良すぎてきているのを忘れてしまうくらい。。他にはヨガやランニングをするときなども着ていますが、ストレッチのおかげでとても動きやすいです。

クライミングウェアは見た目、性能共に良好な物が多いので、最近は待っているジャンルです。

スーパーDSとは?

スーパーDSとはマウンテンハードウェアが動きやすさやダウンならではの問題に着目し、10年かけて開発した技術のことです。最大の特徴は、生地を縫い合わせるのではなく表地と裏地を同時に織りながら接点を作る袋織の構造になっているということ。縫い目がないので羽毛が抜け出てしまったり、冷気が入り込んでしまうのを防いでくれます。

スーパーDSの一番のメリットは快適さと動きやすさ!従来の生地を縫い合わせているダウンジャケットではストレッチ素材を使用しても機能が活かされないという点がありましたが、マウンテンハードウェアのスーパーDSクライムフーディーは特殊な構造になっているので、素晴らしいストレッチ性を感じることができます。

画像で見てもらえればわかると思いますが、普通のダウンと違い千鳥格子型(?)のような特徴的な新構造を採用しています。正直ダウンジャケットってボコボコとした見た目が好きじゃなくて買ったことなかったんですが、スーパーDSクライムフーディーを見つけた瞬間一目惚れしたほど、この見た目もお気に入りポイントのひとつ。

機能性

コチラ↓が開発に10年かかったという高性能ダウンに採用されているテクノロジー。

RDS認証

RDS認証ってご存知ですか?RDSとはResponsible Down Standardの略で、ダウンの原料となる羽毛の採取や、鳥の飼育方法など酷い扱いをされていないという事を保証する認証です。

具体的には餌付けや飼育舎が衛生的であるか、鳥が自由に歩き回って過ごすことが出来るスペースがあるかなどを、第三者機関がチェックし認証を行っています。

私がマウンテンハードウェアのダウンを選んだのは、RDS認証されているという事もかなり大きいです。最近はサスティナブルという言葉がかなり浸透してきているので、リサイクルダウンを使用したり動物への配慮がされている物も多いので、そういうものをなるべく選びたいと思っています。

Qシールドダウン

Qシールドダウンとはダウンに撥水加工がされている物ととらえて貰えればいいです。要は雨天時などでダウンの中まで濡れてしまっても、撥水加工されたダウンが暖かさをキープしてくれるという優れもの。

ダウンて濡れちゃうとペチャっとして潰れちゃうじゃないですか。でもこのダウンはそんなことがなく多少の雨でも十分威力を発揮してくれるという事です。

まだ雨のシチュエーションで来たことがないので、どうなるか実験してみようかな。

サイズ感

海外ブランドのウェアってサイズ感難しいですよね。そんなあなたのために、高身長であるばっかりに日本の服が合わず、ほとんど海外ブランドの洋服と靴しか身に付けてない私があなたにピッタリなサイズを提案しちゃいます!!(急に胡散臭い)

えーと、私は168cmでクライムフーディーはMサイズを着ています。大きめの作りなので正直Sでもよかったかな~感はあります。

・160cm以下の女性:XS

・160~168の女性:S

・170以上、またはゆったり着たい人:M

こんな感じですかね。Mより大きいサイズが日本に入ってきているかわからないのですが、ほとんどの人がMサイズまでで十分だと思います。

もちろんこんなの信用できねー!って人はきちんとサイズチャート見て図りましょう!

ちなみにカラーは、DarkStorm(黒)・DarkBolt(黄)・DarkAmber(赤)の3色展開となっていてどれもくすんだ感じの色味で可愛いのもマウンテンハードウェアの特徴であると思います。

さいごに

薄くて軽い、なのにめちゃくちゃ暖かい。そして動きやすい!真冬なのにダウンの下はインナーと長袖1枚でも全然暖かいくらいです。

今のところ大きなデメリットは感じていないですが唯一あげるとすれば、冬キャンプなどで使う場合にはもう少し着込んだ方がいいのと、火には弱そうな素材(ダウン全般に言える)なので焚き火をするときは要注意。

登山やクライミングなどアクティブに動きたい時にも、お家でまったりゴロゴロしたい時にもおすすめのダウンです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました