コンパクトさ重視!おすすめのキャンプ用クッカー4点セットを紹介

キャンプ

キャンプの回数を重ねるほどに増えていくキャンプ道具。その中でも調理関連のギアは金属製物も多かったりで、重く、かさばりがち。しかし軽量化ばかりに目を向けると使いずらかったり、ましてやファミリー向けでコンパクトな製品となるとなかなか難しいのが現実。
今回はそんな悩みを解決するべく、ファミリーでも十分使えてなるべく軽量かつ使いやすさを重視したギアをいくつかご紹介します。

クッカーを軽量化する前に

ここではファミリーキャンパーの人たちが調理道具を選ぶ際に抑えておきたいポイントを紹介。

ファミリーキャンパーは軽量化にこだわりすぎると後々つらい

人数が多くなればそれだけギアの数も増え車への荷物運びなどが大変になってくるのは当然のこと。ファミキャンだからこそ荷物は軽量化したい!その気持ちは痛いほどわかります。
しかし、軽量化ばかりに目を向けると人数の多いファミキャンでは不便なシーンに直面してしまうこともあるので注意。

特に子供が小さいうちはソロ用の物でもなんとかなったりしちゃいますが、大きくなれば当然足りなくなってくるので、長くキャンプを続ける予定なら鍋などは最初から家族用に適した物を買うのがおすすめ。

軽量な物は耐久性に欠けるものも

うちの場合ですが、キャンプはこの先もずっと続けていくので、耐久性が低いものだとちょっと買う気にはなれません。特にアルミニウム製のものなんかは軽くて値段も手頃だったりするので便利ではありますが、キャンプへ頻繁に行く人や同じものを長く使いたいという方には向かないと思っています。

調理道具は火にかけて使うものがほとんどだと思うので、耐久性を最重要視した方が後々買い直す必要もないのでコスパもいいです。

素材の特徴を知っておこう

クッカーやお皿などの代表的な素材の特徴を見ていきましょう。

  • アルミニウム

アルミニウムは他の金属と比べて、軽さと熱伝導率の高さが他の金属にはない優れたポイントです。しかし、調理をした際に焦げ付くので、後片付けが大変になってしまうことも。耐久性にも欠けるので、落としたり踏んだりしてしまうと変形や破損の恐れもあるので注意が必要。
値段も安めなのでソロキャンプでレトルトを温めるなどの簡単な調理のシーンでは全然問題なく使えるとは思います。

  • ステンレス

ステンレスは錆びにくく熱伝導率も悪くないので調理に優れた金属といえます。耐久性もあり値段もそこそこな物が多いので、料理を楽しみたいファミリーキャンパーはステンレスが一番しっくりくるかもしれません。我が家もクッカーなどステンレスの物がほとんどです。
難点は重いというくらいで車を利用してのキャンプなら全然問題ないレベルだと思います。

  • チタン

見た目もかっこよく値段も高めなチタンは憧れの的でもありますね。保温性も高く軽くて丈夫なので機能性はいいですが、熱伝導率はあまりよくないようなので、フライパンや鍋というよりは、マグカップなどでの使用が一番適していると思います。

これさえあればキャンプ料理が快適に!おすすめのクッカーセット

・ユニフレームfan5DX

かなり年季の入ったこちらはファミリーキャンパーの間ではかなり人気の商品のひとつ。これ一つあれば米を炊くこともパスタを茹でることも。フライパンもあるので炒め物なんかもできちゃいます。

5~6人分の料理は余裕でできるので、家族にはピッタリの商品。本当にこれのおかげで料理の幅が広がりました。かれこれ5~6年使っていると思いますが、直火の焦げ跡はあるものの、壊れる様子もなくまだまだ使えそうです!

ユニフレームファミリー向けクッカー

・イワタニコンパクトジュニアバーナー

登山やソロキャンなどでは大定番のこちらは、大人数のファミリーキャンプでも重宝します。今までは普通の卓上ガスコンロを持参していましたが、あまりにもかさばるのでこれに変えてみたら大正解!火力もしっかりとありどんな料理も作ることができますよ。

ガスボンベもアウトドアシーンでよくみるOD缶ではなく、スーパーなどどこにでも売っているCB缶対応です。

・Lazoステンレス遮熱板

イワタニコンパクトジュニアバーナーはCB缶を利用するため、炎とガスボンベの距離が近く、熱を持ってしまうことがあります。こちらは安全面を考慮して持っておくといいかなという感じ。なくても大丈夫だけどあったら安心かなくらいの感じで私は買いました。

カセットボンベ遮熱

・ユニフレームクッカースタンド

これはユニフレームfan5DXイワタニコンパクトジュニアバーナーの購入を考えている方は絶対おすすめ。バーナーの上にかぶせて使う言っちゃえば五徳のようなものです。安定感抜群だし、少し火からずらしたい時にも鍋2個分くらいのスペースがあるからスッと移動できる。

何より収納時もかなりコンパクトで持ち運びも楽で、バーナーを2つにすれば2バーナーのコンロの出来上がり!

ユニフレームクッカースタンド

最後に

キャンプの調理道具のコンパクト化はファミリーキャンパーにとっては大きな課題といえるでしょう。今回おすすめした商品はガチで私が気に入っている4つをおすすめしました。
是非参考にしてみてください!

コメント

  1. […] コンパクトさ重視のクッカー紹介 (↑キャンプ道具をコンパクトにしたい方必見!) […]

  2. […] コンパクトさ重視のクッカー紹介 (↑キャンプ道具をコンパクトにしたい方必見!) […]

  3. […] コンパクトさ重視のクッカー紹介(↑キャンプ道具をコンパクトにしたい方必見!) […]

  4. […] コンパクトさ重視のクッカー紹介(↑キャンプ道具をコンパクトにしたい方必見!) […]

タイトルとURLをコピーしました