観光の拠点にも!「小野川湖畔の家キャンプ場」でまったり自然を満喫してきたよ

キャンプ

こんにちは~絶賛キャンプ行きたい病発症中のTabinchi(@Tabinchi1)です。

子供たちが大きくなるにつれて家族で予定を合わすことが困難になってきた我が家。1週間キャンプ三昧とかしてたあの頃が懐かしい。。と思っていたところなんと秋休みがあるではないか!ということで、今回は1泊ですが福島県にある「小野川湖畔の家キャンプ場」に行ってきました。小野川湖畔の家キャンプ場周辺は磐梯山や五色沼など見どころも満載で、観光の拠点にもおすすめ!

福島県には素敵な湖畔キャンプ場がたくさんありますが、その中でも比較的穴場な小野川湖畔の家キャンプ場の魅力をご紹介していきたいと思います!

キャンプ場設備紹介

小野川湖畔の家キャンプ場に到着~まずは受付で料金を支払います。受付は売店にもなっていて、薪やカップラーメンやジュースなどが売られています。もし買い出しを忘れてしまってもなんとか生き延びることは出来そうですw

そして諸々ルールなど教えて頂いてサイト選び!予約状況などにもよるようですが、基本は好きな場所を自分で選ぶことができます。

サイトは1~20番(たぶん)までで今回私たちは2番を選択。

めちゃくちゃ広い!!このキャンプ場は隣のサイトとの距離がしっかりと保たれているので、ゆったり過ごすことができます。今回は日曜日からキャンプだったので他のお客さんも少なく、静かで湖もほぼ独り占め状態でした。

10月中旬で寒くなりそうだったので、テントはローベンスをチョイスしたおかげで暖かく快適に眠ることができました。

流しはとても綺麗でした。この清潔感は意外と他のキャンプ場では見ることできないんですよね。。

トイレは和式ですが、すごく綺麗にされていて気持ちよく使うことができました。

コインシャワーは5分で100円です。

こんな感じできちんと分別すればゴミも捨てて行けるのは嬉しいですね!

焚き火の灰なども捨てていくことができます!

他にもトランポリンやブランコ、バドミントンなどの遊びも用意されていて、子供は大喜び間違いなしです!
 
(子供より楽しんじゃってる大人)

小野川湖畔の家キャンプ場の基本情報

住所:〒966-0501福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字小野川1082
電話番号:090-7662-8346
料金:大人1500円、子供700円(未就学児無料)※クレジット不可
チェックイン・アウト:イン13:00、アウト11:00
予約方法:電話
施設:オート区画サイト
設備:炊事棟、和式水洗トイレ、コインシャワー、ゴミ捨て、売店
遊び:カヌー、ボート、釣り、バドミントン、トランポリン、ブランコ

買い物&グルメ情報

買い物

食材の買い出しにはキャンプ場から30分程の場所にあるリオンドール猪苗代店を利用しました!新鮮な地元の野菜が安めにゲットできて、品揃えも問題ないです。このすぐ近くにヨークベニマルもありました。

リオンドールがある通りにはコンビニやダイソーなどもあって、忘れ物をしてもこの辺りで揃えることも可能です。私は毎度おなじみコーヒードリッパーを忘れたので、ダイソーで購入しました。

高速のインターを降りてすぐに道の駅猪苗代があるので、お土産や軽食などに立ち寄ってみるのもおすすめ!

グルメ

キャンプ終わりに何か食べて帰ろうということになり、家族で何を食べるかの話し合いをしました。(これがなかなかまとまらない)

大人2人はそば!絶対そば!!だったのですが、案の定子供はラーメンかハンバーガーがいいと結構ヘビーな要求。。結局ラーメンもそばも定食もなんでもある「お食事処水峰」に決定。私はそばだったはずが、気づいたらソースかつ丼を注文していました。。w

ここら辺はソースかつ丼が有名だそうで?食べてみたら衣サクサクでめちゃくちゃ美味しかったです!おすすめ!!(食べるのに夢中でメニューの写真しか撮れませんでした)

ビール好きな方には「猪苗代地ビール館」もおすすめ。5種類の地ビールの他にスモークタンやソーセージなどのおつまみも売っていました。店の外の売店には生ビールや焼いたソーセージ、ソフトクリームなども売っているので大人も子供も楽しめます!

私は瓶ビール2本とスモークタンを購入してキャンプ中に美味しきいただきました。

小野川湖畔の家キャンプ場周辺は観光スポットが豊富!

福島県耶麻郡北塩原村にある小野川湖畔の家キャンプ場周辺には、自然を満喫できる観光スポットがたくさん。今回はその中でも特に有名な「五色沼」にちょっとだけ散歩に行きました。

五色沼ってどんな所?

正式名称は「五色沼湖沼群」と呼ばれ毘沙門沼、赤沼、青沼、弁天沼などたくさんの湖沼がたくさn点在しています。エメラルドブルーやターコイズブルー、コバルトブルーなど沼それぞれの色があり、季節や天候などによっても色が微妙に変わるので行くたびに違った景色を楽しめるのも特徴です。

五色沼のトレッキングコースは全長3.6㎞、片道で1時間半程度で周れるようですが今回は夕食前のお散歩というノリだったので、毘沙門沼近くの駐車場に止めて少しだけ歩いて毘沙門沼だけみてきました。ちらほら紅葉も始まっていて癒されますね。カメラ好きの方には絶対行って欲しい観光スポットです!

そんなに激しい道はないですが、トレッキングコースをしっかり歩きたい方は服装や靴などは山仕様で行くことをおすすめします。あと「熊注意」なのでクマ避けの鈴などを持っていくと安心です。

五色沼以外におすすめな観光スポット

五色沼はあまりにも有名ですが、小野川湖周辺には「中津川渓谷」や「小野川不動滝」など魅力的な散策スポットがあるのをご存知でしょうか?すぐ近くに小野川不動滝の入り口があるので、湖畔の家キャンプ場で宿泊予定の方は是非行ってみてください。駐車場から滝まで20分程度と割と気軽に滝を拝むことができますよ!今回私たちは一泊と時間があまりなかったので、行くことはできませんでした。残念。

自然を楽しむ以外には「諸橋近代美術館」もおすすめです。ダリやセザンヌ、ピカソなど様々な巨匠たちの作品を見ることができます。特にダリの彫刻作品は世界でも類を見ないほどだとか。
あとは子連れキャンパーにおすすめなのが、「クライミングジム ハレロック」です。会員登録不要で気軽に遊べるのが嬉しい!次女は活発でボルダリング好きなので、次回湖畔の家キャンプ場を利用する際は行ってみたいと思います。

小野川湖畔の家キャンプ場の魅力

最近行った中でも特にお気に入り!小野川湖畔の家キャンプ場の魅力をご紹介します。

ロケーション抜群

まず一番はテントサイトからのロケーションの良さです。早い者勝ちにはなりますが、場所によっては湖の目の前にテントを張れるので解放感抜群!木に囲まれたテントサイトもあって、ソロキャンなどプライベート感を重視したい方も満足できる作りになっているかと思います。

ほとんど人工物が見えないので条件が合えば素晴らしい写真も撮ることができます。

テントサイトがかなり広い

ここまで大胆にテントサイトを区切っているキャンプ場って他にないんじゃね?ってくらい1つ1つのテントサイトが広くて、他のキャンパーとも距離が保たれているのでストレスなく過ごすことができます。キャンプにおいて隣を気にしなくていいっていうのは最重要事項かも。

観光スポットにアクセスしやすい

五色沼を始め、磐梯山や中津川渓谷など自然を楽しむ観光をしたい方にはピッタリの拠点になると思います。キャンプ場周辺にはビューポイントもちょこちょこあるので、写真好きの方にもたまらないでしょう。

遊びが充実

トランポリンやブランコ、バドミントンなどの遊具があって子供たちは大はしゃぎ!何もないキャンプ場も大人はいいんですけど子供はね、やっぱり飽きたりしちゃうのでこういうのあると嬉しいです。

ボート1時間1500円、カヌー1時間2000円でレンタルもできます!私たちはカヌーをレンタルしました。

初体験だったので全然息が合わないw進みたいほうに行けなくて苦戦したけど、なんとか陸に戻ることができました。。景色を楽しむ余裕はなかったけど、紅葉シーズンなんかは素晴らしい景色を拝めること間違いなしです。

持ち込み料金を払えば自前のSUPやボートに乗ることも可能です。

水回りがきれい!

これも超重要ポイントですがマナーの問題なのか、水回りが綺麗なキャンプ場に出会ったことがありませんでした。しかしこのキャンプ場は噂通りトイレも流しもピカピカに清掃されています。スタッフの方に感謝をしつつ使う側であるキャンパーも気を引き締めなくてはいけないですね。(どのキャンプ場に行っても)

小野川湖畔の家キャンプ場で日頃の疲れを癒そう

キャンプへ行くと逆に疲れてしまう時もあるのですが、このキャンプ場は最高に気持ちよく過ごすことができて、日々の疲れを癒すことができました。今回1泊だったのでなんだか忙しくて心残りがたくさん。。小野川湖畔の家キャンプ場に行く際は2泊以上することを推奨します!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました